日焼けは大敵

日ごろから、スキンケアを念入りに行っている人は、いつまでも健康で若々しい肌を保っている人も多く、年齢を重ねるにつれて、だんだんとその差は大きく現れてきます。スキンケア基本は、洗顔と化粧水、乳液、またはスキンクリームが一般的ですが、スペシャルケアとして週に一度パックなどとり入れるのもおすすめです。特に、紫外線が強くなる季節は、紫外線との戦いでもあります。紫外線を浴びてしまうと日焼けをしてしまうとともに、肌の奥でメラニンがつくられ、シミやそばかすの原因となってしまいます。

日焼けは、シーズンが過ぎれば白い肌に戻りますが、一度できてしまったシミやそばかすはシーズンが過ぎたからと言って、消えてなくなるわけではありません。作ってしまって後悔し続けるよりも、つくらないように日ごろからケアを入念に行っておく事が大切です。特にシミやそばかすを予防するには、紫外線から肌を守る必要があります。

日常的に日焼け止めを使用する事はもちろん、たくさん日差しを浴びてしまった日は、しっかりと夜に浸透力の強い保湿スキンケアをして肌への水分補給とダメージケアを行う事が大切です。毎日の積み重ねでシミやそばかすができてしまいますが、毎日の積み重ねのケアでシミやそばかすを予防する事ができます。日差しをたくさん浴びた日は、しっかりケアを心がけてください。

エイジングケアとは

毎日のスキンケアは、女性にとって大切な習慣のひとつですが、若いころのスキンケアを何十年も同じように続けていても、同じような効果を得る事はできません。そのまま継続して使用していても、物足りなさを感じてくるので、スキンケアは、年齢に応じた方法を、とり入れていく事で、よりパーフェクトな肌へ近づく事ができます。

年齢に応じたスキンケアの事をエイジングケアといいます。年齢を重ねるにつれて、ホルモンバランスの変化などもかさなり、肌質も変化してきます。特に、長年積み重ねてきた紫外線などによる、シミやソバカス、乾燥などでできる小じわなどがエイジングケアを行わないとカバーできない肌の変化といえます。

エイジングケアも難しく考えるのではなく、自分の出来る範囲で行うと、無理なく続ける事ができます。特に紫外線を浴びるのは、乾燥や新たなシミやそばかすを作ってしまう原因になるので、し日常生活の中でも紫外線を浴びないように心がける事が大切です。

また、スキンケア用品の見直しも必要です。より保湿力の強いスキンケア製品を使う事はもちろん、肌に負担をかけない天然素材のスキンケア用品に切り替えるなど、エイジングケアを行うには、まず自分の肌質を理解して肌にあったスキンケア用品を選ぶ事が大切です。

スキンケアの基本は洗顔

肌がきれいだと見た目年齢が若く見られます。きれいな肌を多も保つには、日ごろからのスキンケアが大切ですが、特別な事は毎日できないという人も多いのが現状です。毎日のスキンケアで特別な事はしなくても、大切なのは洗顔です。特に、毎日の洗顔を正しく行うだけでも、肌の潤いをキープして若々しい肌を保つ事につながります。洗顔はスキンケアの基本でもあります。毎日行うため、間違った洗顔方法でやっていると、肌の潤いを失ってしまうだけでなく、肌荒れの原因にもなってしまうので、正しい洗顔を心がけましょう。

ポイントの1つ目は、ぬるま湯で行う事です。冬の寒い時期はどうしても、朝温かいお湯を触りたくなってしまいますが、熱いお湯を使ってしまうと、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます特に、寒い冬こそぬるま湯を使うことを心がけましょう。
ポイントの2つ目は、洗顔料はしっかり泡立てて、こするのではなく、泡で洗うという点です。きめ細かい泡を作るのは大変ですが、ネットなどを利用するとすぐに泡立つのでこの過程は面倒でもおこなうようにしましょう。肌への負担を軽くするためにも、柔らかい泡洗顔が鉄則です。
ポイント3つ目は、洗い流した後は、すぐに保湿です。もちろん最後の洗い流しもぬるま湯が鉄則ですが、洗い終えたあとは、どんどん水分が肌から失われていくので、洗顔後は浸透速度の速いスキンクリームなどを使って保湿を心がけましょう。

毎日の洗顔で、肌についた汚れやほこりを洗い流して、トラブルと無縁N肌つくりを心がけましょう。