スキンケアの基本は洗顔

肌がきれいだと見た目年齢が若く見られます。きれいな肌を多も保つには、日ごろからのスキンケアが大切ですが、特別な事は毎日できないという人も多いのが現状です。毎日のスキンケアで特別な事はしなくても、大切なのは洗顔です。特に、毎日の洗顔を正しく行うだけでも、肌の潤いをキープして若々しい肌を保つ事につながります。洗顔はスキンケアの基本でもあります。毎日行うため、間違った洗顔方法でやっていると、肌の潤いを失ってしまうだけでなく、肌荒れの原因にもなってしまうので、正しい洗顔を心がけましょう。

ポイントの1つ目は、ぬるま湯で行う事です。冬の寒い時期はどうしても、朝温かいお湯を触りたくなってしまいますが、熱いお湯を使ってしまうと、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます特に、寒い冬こそぬるま湯を使うことを心がけましょう。
ポイントの2つ目は、洗顔料はしっかり泡立てて、こするのではなく、泡で洗うという点です。きめ細かい泡を作るのは大変ですが、ネットなどを利用するとすぐに泡立つのでこの過程は面倒でもおこなうようにしましょう。肌への負担を軽くするためにも、柔らかい泡洗顔が鉄則です。
ポイント3つ目は、洗い流した後は、すぐに保湿です。もちろん最後の洗い流しもぬるま湯が鉄則ですが、洗い終えたあとは、どんどん水分が肌から失われていくので、洗顔後は浸透速度の速いスキンクリームなどを使って保湿を心がけましょう。

毎日の洗顔で、肌についた汚れやほこりを洗い流して、トラブルと無縁N肌つくりを心がけましょう。